精華の家

 

木造2階建 店舗付住宅のリノベーション
所在地:京都府

 

築36年の木造店舗付住宅の店舗部分をリビングに改修しました。
道路に面した窓は上下に分けて、道路からの人の視線はさえぎりながら、光と風を取り入れる窓としました。

雨漏りが心配だった屋根の葺き替えと、外壁の補修も同時に行いました。

店舗部分の天井裏から現れた鉄骨の梁。天井を高くし、見せることで空間のアクセントに。

玄関ホールにはリビングへ入るための新しい扉を付けました。新しい白木の色が、徐々に馴染んでくるのが楽しみです。

納戸のパーティションには光を通す乳白色の材料を使い、内部を目隠ししながらも暗くならないよう配慮しました。